建物を他人に貸して利益を得る不動産投資

不動産投資

不動産投資について

建物を他人に貸して利益を得る不動産投資

画像
不動産投資、つまりは建物を不特定多数に貸して利益を得ると言うのがこれに当たります。
簡単に言えば、賃貸アパートのオーナー的存在の人がこの不動産投資を実践している人と言う訳です。
アパートには入居者がいます。
入居すれば当然の事ながら、家賃が発生します。
つまりは、その家賃がオーナーたるアパートの所有者の利益と言う事になります。
けれども家賃が利益と言っても、必ずしも利益になると言う事もない訳です。
つまりはそのアパートの元々の金額があります。
建物自体が一般住宅より大きい訳ですから、数千万の価格ともなります。
そして、当然、入居者が存在しなければ家賃収入も見込めない訳です。
そのために人が集まりやすい立地条件に賃貸物件を購入して、不動産に投資する訳です。
もちろん、最初に物件を購入する資産は必要です。
数千万の規模になる可能性もあります。
ただ、それでも、その物件が人気となり満室となった場合は、数年で、その購入価格を上回る収益に達して、晴れて家賃収入が実質利益となります。
これが不動産投資です。